home河川環境楽園 自然発見館園内情報 > 自然発見館周辺の自然情報

自然発見館周辺の自然情報

河川環境楽園 自然発見館

自然発見館周辺の木曽川水園の河や森では、四季折々自然の営みが見られます。
生きものが生きているその瞬間を探しに、散策してみませんか?
ここではそんな一瞬を切り取って皆さんにお伝えします。 ぜひ、足を運んでみてくださいね。

2017年4月の様子

キュウリグサ
(1)小さな花ですが水色と黄色がかわいらしい花です。葉をもむとキュウリのような匂いがすることからキュウリグサと名づけられました。園路の脇などで見られます。
ムラサキサギゴケ
(2)芝生広場などでかたまって咲いている様子が見られます。白いものを分けてサギゴケと呼ぶこともあります。ミツバチやチョウなどが飛んできて蜜を集める様子も観察できます。
オトシブミ
(3)オトシブミは葉を丸めてゆりかごを作り、その中に卵を産みます。ゆりかごは1時間ほどかけてゆっくりと作られます。コナラなどの木で運が良ければ見られるかもしれません。
テングチョウ
(4)頭の先がシュッと伸びているのが特徴です。成虫で冬越しするので、春先は少し色のあせたような個体が見られます。日向で日光浴している様子が見られることがあります。

*公園内での植物等の採集はできません。