home河川環境楽園 自然発見館園内情報 > 自然発見館周辺の自然情報

自然発見館周辺の自然情報

河川環境楽園 自然発見館

自然発見館周辺の木曽川水園の河や森では、四季折々自然の営みが見られます。
生きものが生きているその瞬間を探しに、散策してみませんか?
ここではそんな一瞬を切り取って皆さんにお伝えします。 ぜひ、足を運んでみてくださいね。

2017年10月の様子

アサギマダラ
(1)2000kmの海を越えて旅するチョウとして有名なアサギマダラ。旅の途中、自然発見館にも寄っていきます。姿もとても美しいです。
ホシホウジャク
(2)スズメガの仲間は夜に活動するものが多いですが、この種類は昼間によく観られます。飛び方、花の蜜の吸い方など、ハチドリのような姿に似て、とても人気があります。
モズのなわばり争い
(3)涼しい場所から移動して来ますが、個々でなわばりを持つため、食物や隠れる場所など、条件のいい場所を巡って、頻繁に争う姿が観られます。
オオカマキリの卵鞘
(4)カマキリの仲間は泡の中にたくさんの卵が入った塊(卵鞘)を産みますが、多いと300個も卵が入っています。オオカマキリは木の枝や植物の茎に卵を産むことが多いです。

*公園内での植物等の採集はできません。