home河川環境楽園 自然発見館園内情報 > 環境教育プログラム活動報告

環境教育プログラム活動報告

河川環境楽園 自然発見館

自然発見館では1年を通してさまざまな環境教育プログラムを実施しています。
ネイチャーイベントは、身近な自然をテーマに、6つのカテゴリー<観察する、工作する、遊ぶ、食べる、調べる、感じる>を通して、「もっと自然をたのしんじゃおう!」と企画した環境学習プログラムのイベントです。
春夏秋冬さまざまな環境学習プログラムを展開しています。家族やお仲間でぜひご参加下さい。
ここでは、実施されたプログラムの一部をご報告いたします。

8月の報告プログラム

1日講座
自然発見!サマースクール~けもの編~
○日にち 2019年8月8日(木)
概要:昼間は木曽川水園周辺でけもの(哺乳動物)の痕跡を探し、フンの内容分析にも挑戦します。夜は木曽川水園で動物さがしやコウモリ観察もおこないます。
動物がいそうな場所を予想してでかけたら、早速、痕跡を発見。なんとモグラ穴を誰かが掘った痕でした! 痕跡さがし中はタヌキのタメ糞も発見!滅菌済みのタヌキのフンなどを洗って、中身を調べてみました。
(1)動物がいそうな場所を予想してでかけたら、早速、痕跡を発見。なんとモグラ穴を誰かが掘った痕でした! (2)痕跡さがし中はタヌキのタメ糞も発見!滅菌済みのタヌキのフンなどを洗って、中身を調べてみました。
「これは何だろう?」どんどん夢中になって、顕微鏡も使ってフンの中身を調べました。 コメント
夕方から夜には、たくさんのコウモリが観察できました!タヌキのフン調べは、時間も忘れるほど熱中しました。調べているのがフンであることを忘れていた。面白い!などの声も上がりました。午後から夜までけものばかりの1日となりました。
(3)「これは何だろう?」どんどん夢中になって、顕微鏡も使ってフンの中身を調べました。
夜空に舞う!コウモリの不思議 ○日にち 2019年8月13日(火)
概要:たくさんのコウモリが飛びまわる木曽川水園でコウモリ探知機を使って彼らの不思議な生態に迫りましょう!
指導員が調べた内容に基づく企画展の資料も見ながら、木曽川水園のコウモリについて知りました。 日没くらいに出るって本当?この日、木曽川水園に初めに来た1頭を発見すると大歓声が起きました!
(1)指導員が調べた内容に基づく企画展の資料も見ながら、木曽川水園のコウモリについて知りました。 (2)日没くらいに出るって本当?この日、木曽川水園に初めに来た1頭を発見すると大歓声が起きました!
コウモリ探知機で追いきれないほど多くのコウモリが水を飲んだり食事したりするところも観察できました。 コメント
コウモリ探知機を使ってコウモリを探し、日没時間ちょうどに初めの1頭を見つけたときの全員の歓喜の声が印象的でした!それからしばらく経った後の木曽川水園下流部で観察できた100頭近いコウモリの乱舞も圧巻でした。
(3)コウモリ探知機で追いきれないほど多くのコウモリが水を飲んだり食事したりするところも観察できました。