home河川環境楽園 自然発見館園内情報 > 環境教育プログラム活動報告

環境教育プログラム活動報告

河川環境楽園 自然発見館

自然発見館では1年を通してさまざまな環境教育プログラムを実施しています。
ネイチャーイベントは、身近な自然をテーマに、6つのカテゴリー<観察する、工作する、遊ぶ、食べる、調べる、感じる>を通して、「もっと自然をたのしんじゃおう!」と企画した環境学習プログラムのイベントです。
春夏秋冬さまざまな環境学習プログラムを展開しています。家族やお仲間でぜひご参加下さい。
ここでは、実施されたプログラムの一部をご報告いたします。

6月の報告プログラム

落ち葉の下の生きものたち ○日にち 2017年6月3日(土)
概要:落ち葉の下、腐葉土の中にいる奇妙な生きものたちを探し観察し、生態系での役割を探ります。
(1)落ち葉の下にはどんな生きものがいるかな?まずは予想してみます。 (2)みんなで野外で集めてきた土から生きものを探して、観察!
コメント:
みんなでじっくり探して観察できました。見つけた生きものたちが、私たちの生活にも欠かせない存在であることが発見できましたね!
(3)じっくり観察した後は、その生きものたちが生態系でどんな役割を果たしているか話を聞きます。
コケリウムをつくろう! ○日にち 2017年6月11日(日)
概要:コケってどんな生きものだろう?
   素敵なコケを集めて小さなビンに自分だけのコケリウムを作ろう!
(1)どんなコケがあるかな?どこにあるかな?
 探してみよう!
(2)みんなの協力でいろんなコケが集まりました!さあ、どれを使おうかな?
コメント:
みなさんそれぞれ個性溢れる素敵なコケリウムができました!これからお家での観察も楽しみですね。
(3)コケがどんな生きものか知識も蓄えたら早速コケリウムづくり開始!