home河川環境楽園 自然発見館利用案内 > 自然発見館について

自然発見館について

河川環境楽園 自然発見館

自然発見館の紹介

自然発見館は、川の自然環境や生態が学習できるように工夫された4つの工房から成り立っています。



●体験工房 (37m2
まずは体験してみよう
体験から学びを促進するために、子どもたちが直接手に取って心を動かす「ハンズオン型」の展示、教材が準備されています。
●実験工房 (60m2 定員40名)
プログラム利用の中心
学校や団体などのグループ学習に対応し、ガスや水道、電気、様々な道具や教材を使った、実験型のプログラムを行います。
●創作工房 (80m2 定員50名)
ワークショップの場
多人数での利用に対応し、研修会やワークショップなど、様々な教材や視聴覚機器を使った創作型のプログラムを行います。
●発見工房 (52m2x2部屋 定員各30名)
発見の手がかりを得る
部屋のアレンジが可能
利用目的に応じて、部屋の真ん中を仕切ることができ、研修会や会員制の講座など様々なプログラムを行います。